関節痛で処方される薬は、以下のようなものです。 ・外用薬 ・内服薬 まず、炎症を抑える働きがある湿布や軟膏、クリームといった外用薬が処方されます。 この時に処方される外用薬には副作用がほとんどないので、安心して使用することができるというメリットがあり、軟膏やクリームは1日2回使用するものが多いです。 それに、非ステロイド性抗炎症薬といった内服薬も処方されます。 この薬は痛みを抑える効果が強いため、関節痛の症状が酷い場合に使用されることが多いでしょう。 鎮痛効果が非常に高い一方で、副作用が起こりやすいというデメリットもあるので、注意しないといけません。 主な副作用は、胃痛や胸焼け、食欲不振といったものです。 外用薬と内服薬を併用することによって、関節痛の症状を効果的に抑えることができるので、両方処方されることが多いと思ってください。 もし、内服薬の副作用が強いと感じる場合は、無理をせずに医師に相談するようにしましょう。 また、症状によっては、これ以外の薬も処方されることがあります。